1歳半健診、指さしができない

指さし

1歳半健診で指さしができず、言葉もほとんど出ていなかった上の子。

それから自治体の発達支援教室に通うことを勧められ、通い始めました。

1歳半健診

1歳半健診ではひとり歩きできるか、積み木を積めるか、指さしができるか、言葉は出ているかなど発達のチェックをされます。

内容を先輩ママから聞いていたので、積み木や指さしを練習していました。なので、出来てないなとわかっていたのですが、指摘されると余計に不安になりました。

何をみている?

それまでの身体の成長をみる健診とは違い、1歳半健診からは心の成長も確認されます。

積み木は指先の発達、指さしはこちらの言っていることを理解しているか、言葉はコミニケーションがとれているかを確認しています。

それらのことが出来ない子供は、自閉症や発達障害などが疑われます。この頃はまだ成長が遅いだけの場合もあり、判断をつけるのが難しい時期です。うちも長い間、グレーゾーンでした。

発達が遅れている子には早めに療育を受けることや、専門家の指導を受けることで、発達を促すことができます。

何が原因?

読み聞かせが足りなかったのかとか、テレビを見せたのがよくなった(家事をするときにEテレなどを見せていた)のかとか、自分を責めていました。

でも、発達心理士の先生から『自転車に早く乗れる子もいれば、なかなか乗れない子もいる。そんな違いです。お母さんが何かをしなかったからというわけではありません。』と言われて、だいぶ気持ちがラクになりました。

たしかにテレビの見せ過ぎは良くないなどはありますが、子供の性格や遺伝、先天性のものもあり育て方に問題があったからというだけで発達が遅れるわけではありません。

発達支援教室って?

発達で気になる所がある子供が通う教室です。

うちのように1歳半健診で提案され通い始める子もいれば、保護者から自治体に相談して自主的に通っている子もいました。

まわりに通っている子はいなかったので、身構えてしまった私。その教室に通うことでうちの子がまわりから違う目で見られるんじゃないかと心配でした。

両親にも『まだ何かあるって決まったわけじゃないのにそんなの通わせる必要ない』って言われたりしましたし。

保健師さんには『教室に通うことで同年代と触れる機会が増えて子供に良い刺激になる。もし何か心配になることがあったら早めに対処してあげることが出来ます。』と言われ不安ながらも通うことにしました。

もし何かあるなら早めに対処してあげることが子供のためになるのなら、何でもやれることはやってあげないと!と思いなおしました。

通い始めると同じような悩みをもったママさんと仲良くなれ、子供も楽しく遊びながら学べていました。

まとめ

1歳半健診で指摘されると不安になるよりも、遅れている子供のことをそのままにしておくことの方が問題ですよね。あの頃の私は不安になりすぎて、まわりの子供と比べて落ち込むばかり。まわりと比べるよりも、自分の子供だけをもっと見てあげればよかったと反省しています。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする