祖父母世代との育児の差に悩む、さいたま市祖父母手帳全国で配布してくれないかな

祖父母
先日のトイレトレーニング記事にも書きましたが、祖父母世代との育児の差にはけっこう悩まされました。

トイレトレーニングをはじめるのはいつ頃がいい?
3歳を過ぎてようやくオムツが外れた上の子。 トイレトレーニングは2歳を過ぎた頃から始めましたが、途中で中断したり、なんだかんだで1年以...

とくにうちは義理実家が徒歩圏内なので頻繁に会います。
1人目育児の時には私も分からないことだらけで、いろんな意見に流されてしまって子供にあわせた育児を出来ませんでした。

姑は自分のやってきた育児は正しい!と思い込んであまり聞く耳を持ってくれる人ではないので、私が自分の育児を貫くのは大変でした。

祖父母世代との違い

育児はどんどん変わっていっています。
祖父母世代に良いとされていた事が今は良くないと言われていたり。うちは2歳差育児なのですがその間でも変わっていっている事もあります。

祖父母の事を育児の先輩とは思うのですが、今は今の育児があるのだし、医学的な意見も取り入れながら改善されていっているので、祖父母世代の育児ばかり実践するのは私はイヤでした。

だからといって、実の親なら『今はこうなの!』と言いきれたり、すんなり私の意見を聞いてくれたりしますが、姑には言い切ることも出来ず今の育児を説明して納得してもらうのはとても大変でした。

義理姉は今の育児にも臨機応変に対応している元保育士さんで、私に助け舟を出してくれています。この問題に関しては主人より頼れる義理姉です(o^^o)

最近では聞き流すことも覚え、それなりにお互いうまく対応できているような気がします。

さいたま市祖父母手帳

さいたま市では『祖父母手帳』という祖父母世代向けに孫との接し方や、昔と今の育児の違いを説明した手帳が配布されています。

これ、うちの市でも配布して欲しかったー!!
こういうのがあれば、説明もしやすいし、祖父母たちも分かりやすいんじゃないかなと思います。

読んでみるとまさに姑から言われたことばかり。

  • 果汁は早くから与える
     ⇒離乳食が始まるまで与えなくてよい
  • トイレトレーニングは早くから始める
     ⇒子供からのサインを待ってから
  • 3時間授乳
     ⇒母乳なら欲しがるだけあげても良い
  • 抱っこしすぎると抱き癖がつく
     ⇒赤ちゃんの感情が落ち着くので抱っこした方が良い
  • 早めに断乳
     ⇒赤ちゃんから卒乳するのを待つ

義理実家は徒歩圏内なので行くことも多いのですが、まだ離乳食を始めていないのに勝手に果汁をあげたりされました。

まだ離乳食を始めていないのでと言いましたが、『スプーンの練習した方がいい、果汁は赤ちゃんの便秘にも効く』と得意げに言い返されました。

書いていると思い出してきて腹が立ってきました・・・(^-^;

姑としても悪気があってやっていたわけでなく、今の育児というものがすんなり受け入れられなかったんでしょうね。

誰だって自分のやってきたことが正しいって、少なからず思っていますもんね。

孫を思ってやってくれていることは嬉しいのですが、こういう小さなズレがなかったら、私たちママ世代ももっと祖父母とわかりあってストレスなく子育てできるのになと思います。

育児の世代差の改善方法

今ではお互いの距離感もつかめてうまくいっていますが、祖父母とのギャップ問題って一生ものの不和になりかねない問題ですよね。
実の両親とは孫のことでケンカしたこともありますから(・∀・;)
実の両親とならすんなり仲直りできますが、こじれてしまうと嫁姑って大問題ですよね。

私も育児書は何冊か読みましたが、祖父母世代にもこういう本を読んでもらったら世代間ギャップも埋まるかもしれませんね。

まとめ

祖父母世代の子育ては間違っていると否定するばかりでなく、お互いの意見を聞きながら、みんなで子育てしたいですね。私がおばあちゃんになる頃には子育てもまた変わっているかもしれないので、その時は柔軟に対応できるおばあちゃんになっていたいです(o^^o)

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする