PTA、時給もらってもいいようなお仕事だと思います。

PTAの一大イベント、PTA主催のお祭りが終わりました。
先週あたりから下っ端、学級委員の私でも忙しかったです。

これが終わったら、私のPTAの主なお仕事はほぼ終わり。
今までPTAをやってきた感想をまとめました。

PTAをやっていて良かったこと

子供の園での様子を見れる

PTAをやっていて一番、良かったと思うことです。

PTAの仕事で園に行くことも多く、仕事の合間に園庭で遊んでいる子供をこっそりのぞき見。
参観で見せる顔とは違った、いつもの様子をのぞき見できます。

最初の頃は1人で何かしている事が多かったですが、最近ではお友達と遊んでいて成長を感じました。

参観などでも園の様子を見ることは出来ますが、普段の様子をこっそり見れるのはPTAの特権ですね。

交友関係が広まる

普段、接しない学年を超えた交友関係が出来ます。

年少さんのママ達とは送迎で仲良くなったりしますが、違う学年のママ達とは挨拶程度なので、PTAをするといろんな人と仲良くなれます。

やりがいがある

もともと事務仕事をしていた私。
仕事では営業さんのサポートをしていたわけなので、園での子供行事のサポート、嫌いな仕事じゃないです。むしろ、仕事なら好きな部類です。

子供にも『お母さん、お祭りでお店屋さん頑張ってたな。』と言ってもらえました。
家で家事をしていてもなかなか子供に頑張ってるなんて言ってもらえる機会ないので、嬉しかったです(o^^o)

PTAをやっていて悪かったこと

時間の拘束

大きな行事前になると、午前中ほとんどを作業に費やしました。

子供を送って行って、そのまま午前中、作業をして帰るので、家のことがおろそかになりました。
布団なんかは午前中に干したいのに長い間、布団が干せない日が続いたり、家に帰ったら下の子がお昼寝するので掃除機もかけられなかったり・・・。

下の子を連れて作業をするので、なかなかはかどりませんでした。
小さい下の子がいる人がPTAに当たると、大変だと思います。

もし働いていたら、これだけ時間を拘束されると、ツライと思います。

来れる時にだけ来てくださいという感じでしたが、行かないとPTAの他の人に負担がかかるわけですし、まわりの目も気になります。

いろんな所に気を遣う

運動会準備やお祭り準備など、大掛かりな準備の時には下の子を連れて行くのは不可でした。

うちは実家が遠く、義理実家に預けていたのですが、義理実家なのでとても気を遣いました。

まとめ

PTAをやって良かったことも悪かったこともありました。ものすごく抵抗があったPTAですが、もし自分が専業主婦ならまたやっても良いなと思いました。ただ来年からは働く予定です。働くなら絶対、当たりたくないのが本音です(;^_^A
働いて、家事をして、PTAの仕事までこなす自信、まったくありません。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする