PTA行事にはじめて参加、意外と楽しかった!

PTA

はじめてのPTA行事、夏祭りに参加してきました。

思っていたより、楽しかったです!!

夏祭りの当日の流れ

夏祭り当日は店番と片付けで、午前中すべて費やしました。ガッツリ12時までかかりましたよ(^-^;

それでも私は下の子を預けているので早く帰った方で、まだ残って片付けてくださる方もちらほらいました。

前日までの準備はどれぐらい?

出し物の準備をするのに、2回ほど午前中、集まっている部が多かったです。

代表委員さんは他にも出し物以外にも仕事がいろいろあって、夏祭りまでの1週間はほぼ毎日、準備だったそうです。

学級委員の私は、準備もそれほど負担に感じることはなかったです。準備は下の子も連れて行ってOKだったので、下の子も同じく連れられて来た子供と一緒に遊んで楽しそうでした。

うちの園の場合、出し物の準備2回、前日のセッティング1回、当日でした。

PTAの負担をなるべく減らそうと、集まる回数は少なく、集まるのも子供を送って行ってそのまま1時間ほど作業するだけなので作業が終わったらそのまま仕事に行く人もいました。

当日は予想以上に楽しかった!

参観日のちょっと気取った子供ではなく、普段の園での様子を見れて、すごく楽しかったです。

店番をしていても、『あっ、〇〇くんのママ!』とか言ってもらえるし、子供も私がチラチラと目に入るのが嬉しそうでした。

うちの子、ガサガサと動いていたり、話を聞いていなくて先生に注意されていたり、人前ではモジモジしていると思っていたけれどガサツな男の子になってきていました(・∀・;)
子育て広場なんかでは私の側をなかなか離れない子だったのに、だいぶ園にも慣れたようです☆

落ち着きがないのは、新たな悩みですが(^_^;)

お友達とも話したりしているのかと心配していましたが、お祭りで貰った景品を見せあったり楽しそうに話していて一安心(o^^o)

帰り際に泣きだす子まで

最後にPTA会長の挨拶があって、その後、PTAが全員舞台に。

園長先生と園児たちが『ありがとうございました』と言ってくれました。

そしたら、まわりをキョロキョロして泣き始める子が。自分のママが居ないと泣いていました。

子供たちからしてみるとPTAなんて分からないし、どうして自分のママは来ていないの?ってなりますよね。

うちの子も嬉しそうに私に手を振っていましたし、そういうのを見ていると余計に悲しくなってしまったのかもしれません。

子供の嬉しそうな顔を見ていると、あぁ~、やって良かったなって思いました。

でも、やっぱりPTAは大変

私がこういう風に『やって良かったな』と思えるのは、やっぱり今の状況だからです。

  • 専業主婦
  • 下の子の預け先がある

専業主婦だって毎日、やることはいっぱいありますが、やっぱり仕事を休んでまで参加するのとはぜんぜん違う気がします。

下の子がいてPTAが当たってしまった人は、預け先があるかないかも重要です。

うちはもうどちらの両親も年金生活で老後を楽しんでいるので、預けやすいです。

若いパパママの両親はまだ働いている人も多く、気軽に預けられない人が多いです。実家が遠方だったりすると、PTA行事のためにわざわざ来てもらうというのは気を遣います。

まとめ

PTAも集まる時間を工夫してもらったりしたので、参加しやすかったです。PTA役員が当たったのに準備や行事に参加しない人もいますが、どうせするなら楽しくきちんと1年間、仕事をこなしたいですよね。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする