幼児教材ポピー『きいどり』を取り始めて3ヶ月の進歩

月刊教材ポピーを取り始めて3ヶ月が経ちました。

さかのぼって申し込めたので、3冊いっきに届きました。
やっとそれも終わって、今は普通月の9月をやっています。

いきなり3冊も届くと『やらなきゃ』と焦りましたが、きいどりは遊んでいるような感覚ですすめられますから、意外と早く追いつきました。
もともとが毎日やるというページ数ではないので、土日もやるとけっこう進みました。

涼しくなってきて園から帰っても外遊びをしたがる日もありますし、平日に毎日やる!と決めてしまうより、土日にもやりながら子供のペースで進めていくのがうちには合っているな~と、最近、進め方のペースも決まってきました。

ポピー3ヶ月目の成果

月刊教材ポピーをするまでは気付かなかったのですが、うちの子は特にひらがなが苦手。

幼児教材はポピーに決めました。
いろいろ無料お試しを頼んでみた幼児教材。 月刊教材ポピーに決めました。 ポピー 7月に申し込みをしました。 ...

ひらがなが苦手というか、言葉が苦手でした。

前にも書きましたが、『わんわんと鳴くのは?』と聞くと答えられるけれど、『いではじまる動物は?』と聞いても答えられませんでした。

月刊教材ポピーをやり始めて、いろんなことに取り組むようになって苦手な部分が分かったので、良かったなと思います。
何もしていなかったら、今も気付けていないかもしれません。

それから『ひらがな』と『言葉』に集中的に取り組みました。

その結果、ひらがなが読めなかった、言葉が分かりにくかった、4歳の息子が今ではひらがなも読め、簡単なしりとりまで出来るようになりました。

さらに、今ではひらがなも書こうと自分からしています。
月刊教材ポピーをやり始めて、新しいことに取り組むのが好きになったようです。

たった3ヶ月でこの進歩!!
子供の3ヶ月ってスゴイですよね☆

特別ふろく

月刊教材ポピーには年に4回、特別ふろくが一緒に送られてきます。

7月号についてきたふろくです。

ポピーきいどり7月号付録

このほかに、お面や当て物屋さんなど縁日グッズがありました。
季節あわせた作るふろくが付いてきます。

月会費があがるわけではないのに、けっこう豪華なふろくです。

紙を切って作ります。

私、こういうの作るの苦手ではぁー、作るのか( ノД`)って正直、思ってしまったのですが、点線が付いていて子供でも手で切れますし、貼ったりも子供と出来るものだったので簡単に作れました。

そのわりにはしっかりした紙なので、いっぱい遊んでもなかなかボロボロになりませんでした。

カルタ

ポピーかるた

きいどりの毎号、最終ページについているカルタです。

これはうちの子がひらがなを覚えるのに、役立ちました。

遊びながら覚えていけるのが楽しいようです。

うちは途中からはじめたので、『さ行』からしかありません。
最初の頃は、『さ行』だけでやっていてもなかなかかるたを取れなかったのに、今では『さ行』『た行』『な行』でやってもすんなり取れます。

楽しいようで何度もやらされます(^-^;

8月号には1~5までの数字のしんけいすいじゃくも付いていて、これも楽しいようで何度もやらされます(^-^;

遊びながらだと、本当にいろんなことをよく覚えてくれます。

そのへんの取り入れ方が、ポピーはうまいなと思います。

ポピーだけで満足?

資料請求して比較していた時には、DVDなどワーク以外にふろくが豊富な方がいいのなと迷いました。

3ヶ月取ってみて、うちはシンプルなワークのみで十分だなと思っています。

かるたのように何度も遊べるものも付いていますし、1ヶ月でするのにちょうどいい量です。

知育DVDはレンタルでも種類がありますし、時間がある時に借りてきて見せるぐらいでもいいかなと思います。

まとめ

入園してお友達とお絵かきなど座って何かをする機会が増えたというのもあると思いますが、家でも座って何かをずっと出来るようになって嬉しいです。
最近では自分からカルタがしたいとか、ポピーがしたいと持ってくるようになり、子供からやる気になってくれて驚きです。



お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする