年少、給食参観に行ってびっくり!お箸が使えない子が少ない。

給食

年少の給食参観に行ってきました。

家ではなかなか食べてくれない野菜も大きなお肉も食べてエライぞ!なんて思いながら、まわりを見渡すとほとんどみんなお箸(汗)
お箸で食べれずスプーンとフォークで食べているのは、うちの子とあと数人ぐらいです。70%ほどがお箸でした。

お箸トレーニング

だいぶ前からエジソンのトレーニング箸は使っています。

エジソンのお箸ではすんなり食べれるのですが、なかなかお箸に移行できていませんでした。

年少さん達はまだほとんどスプーンだろうと思っていたのに、給食参観に行ってびっくり!!
ほとんどの子たちがお箸で食べていました。

うちの子、なにせ食べるのが遅いので、お箸で食べさせようとはあまり考えていなくて、どうやって食べることに集中させて食べさせようばかり考えていました。

家ではほとんどお箸の練習は出来ていません。
先生もお箸を持つ練習をしてくださっているようなのですが、うちの子、指先が器用ではないようです。

お箸が遅い原因は?

手掴み食べをほとんどしない子だったので、指先を使うのが下手です。

下の子は1歳半ですが枝豆を自分でむいて食べていますが、上の子が枝豆を自分で食べるようになったのはまだ最近です。
私が手を出しすぎたのが良くなかったのと、上の子は食にほんとうに興味がありませんでしたから、剥いてまで自分で食べたいと思っていなかったような気がします。

お箸を持たせてもすぐにグー握りになってしまい、なかなか指先で器用にお箸を使うことができません。

手先が器用ではないということもありますが、手の力も弱いようです。

お絵かきをしても筆圧が弱いので、手先を使う練習が必要そうです。

お箸練習方法を考える

食べるのがすごく遅く食べることにあまり興味がない子供なので、イヤなお箸の練習をごはんの時にすると食べること自体を嫌がってしまいそうです。

試しにお箸をごはんの時に出してみましたが、やはりそれならもう食べないと言い出しました(・∀・;)

そこで、ごはん以外のおやつの時などにお箸の練習を始めようと思っています。

ごはんには興味のない息子ですが、お菓子には興味アリアリです。スナック菓子なんかでお箸の練習を始めてみたいと思っています。

ただ、園に通っていると家でおやつを食べるのは週末だけなので、練習の機会が少ないのが問題です。

少しづつ進める

はじめからすべてお箸で食べさせようとせず、今日は3分の1、少し慣れてきたら2分の1と少しづつ進めていきます。

この方法なら子供も私もストレスなく進めていけそうです。

お箸を使う時期は来ている?

お箸の練習を始める時期は

  • クレヨンなどは鉛筆持ちで描く
  • スプーンは下から大人と同じ持ち方をする

頃だと言われています。

うちの子、クレヨンは鉛筆持ちですが筆圧が弱く指の力が弱そうです。

スプーンも下から持つようになったのは最近です。これも何度もなおしてやっと下から持つようになりました。

クレヨンも練習になる

指先の動きを練習するのには、クレヨンを鉛筆持ちして絵を描くことでもできます。

うちの子はお絵かきが好きではなく、ほとんどしませんでした。お絵かきなど、指先を使う遊びをもっと取り入れていこうと思います。

正しい持ち方を覚える方が良い

先生が今、あわててお箸の練習をするよりゆっくり時間をかけて正しい持ち方を覚える方が良いとおっしゃっていました。

間違った使い方はなかなか直らないそうです。

まとめ

まわりの子たちのスピードは気になりますが、ゆっくり練習していこうと思います。年少の間ぐらいに出来るようになればいいと言われたので、気長に頑張ります。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする