2人目入園をいつにするか悩み中

入園

来月はうちの自治体の入園申し込み時期です。

2人目は上の子と同じ年少まで家で見ようと思っていましたが、来年から入園させて働こうか悩み中です。
復職先があるのなら迷いなく入園させますが、私は現在、専業主婦。来年から入園させるならば、パート先を見つけないといけません。

早くから入園させることのメリット、デメリットを考えてみました。

早く入園するメリット

集団生活

上の子は年少で入園しましたが、入園してからの成長がすごかったです。
上の子は成長が人より少し遅めで、早く入園させることを勧められていました。

話し始めたのが遅かったので、4歳になっても話す内容はまわりの子に比べると少し幼いところがありました。
それが今では、うるさいぐらい毎日、喋っています・・・。もちろん『えっ!?』と思うような、乱暴な言葉や子供が大好きな下品なネタもよく覚えてきていますが、それも成長の一種ですね(;´▽`A“

運動会もまわりと一緒に出来ていて、協調性も出てきたなと思います。

精神面も体力面も、かなり成長しました。

上の子と一緒に通える

入園させるなら上の子と同じこども園に入園させようと思っています。

今も毎日、下の子を連れて送り迎えしているので、上の子と一緒に通う時期が長くていいかなと思います。
送り迎えする方もラクですし、下の子も同じ園内に上の子がいるというのは心強いんじゃないのかなと思います。

入園直後の泣きじゃくっていた頃、上の子が通っている子は上の子の部屋まで連れて行ってもらっていました。
気持ちが落ち着くまで、上の子がなだめてくれているのを見かけました。

金銭的に余裕ができる

下の子も預けると、私が働くことができます。

今は上の子の園費用の負担が増えているだけですが、下の子も入園させれば2人分の園費用ぐらいはパート代で稼げるかなと思います。

早く入園するデメリット

初めてを見逃すかもしれない

すべて近くで見れていた、初めての瞬間を先生にお任せすることになるかもしれませんよね(´;ω;`)

1年で大差はないとは思うんですけれど、やっぱり気になります。

下の子、1歳10ヶ月なのでまだトイトレが終わっていません。
入園する頃までは寒いので、トイトレするつもりはないのでたぶんトイトレが終わらずに入園になると思います。

うんちは上の子を見ていたからか、自分から言い出したんです(゚д゚)!
トイトレも何もしていないのに、急に『うんち』と言い出して、うんちが出たのかなと思って見てみてもなし。
トイレに走り出す下の子。付いていくと便座に乗せてくれ!!とアピールされ、座らせてみると出ました!!

トイトレはじめるつもりもなかったので、補助便座もなく大人と同じ便座に座らせただけで出来たんです。
この日はたまたまかなと思っていたら、次の日からもちゃんと出来る。うんちのトイトレは練習する間もなく、終わりました。上の子の時にはあんなに悩んだのに。

初めてトイレで出来た時は、感動です。
こういう感動の瞬間を見逃してしまうのかなと思うと、やっぱり寂しい( ノД`)

うちは子供は2人と思っているので、こういう可愛い時期が見れるのもこの子が最後と思うと余計に寂しいです( ノД`)
 

子供も初めはツライかも

上の子は年少から入園しましたが、1ヶ月はほぼ毎日泣いていました。
上の子の時でも来年から2年幼稚園にすればよかったかなと思ったのに、もし今、下の子にも泣かれたら上の子以上に入れなければよかったと思ってしまいそうです。

上の子は4月生まれ、下の子は12月生まれなので、その差も大きいですよね。

下の子は毎日の送り迎えで慣れている分、上の子ほど泣かないかなと思うのですが、こればっかりは入園してみないと分かりません。

金銭的には負担

もし来年、入園させないなら、また1年働くことは出来ません。
そうすると、上の子の園費用だけが掛かります。

小学校に入学すると夏休みなどがありますし、働けなさそうです。あるいは、学童に入れるか?

来年、下の子を入園させれば、上の子が卒園するまで2年間は働くことができます。

病気が心配

入園してから今まで、上の子は本当によく休みました。

今は私が家でいるので少し調子が悪かったら、もう休もうとなるのですが、働いているとそうはいきませんよね。

もし休むとなったら、働き先にも気を遣わないといけませんし。
行かせたら子供もしんどいだろうし、仕事をしていてもいつ園から呼び出しがかかるかヒヤヒヤしそうです。

まとめ

メリット、デメリットを考えても、どちらにするかまだ決断はできていません。うぅー、悩みます。やってしまえばそれはそれでどちらでもうまくいくような気はするんですが、決めるまでは悩みますね(-“-)

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする