子供の風邪、小児科に連れて行く?それとも耳鼻科?

病院

上の子が2歳になるまでは、『風邪=小児科』だった我が家。
ママ友に教えてもらってからは、耳鼻科と小児科を使い分けしています。

小児科で診てもらうメリットと耳鼻科で診てもらうメリットを考えてみました。

小児科で診てもらうメリットとデメリット

メリット

  • 総合的に診てもらえる
  • ウィルスなどの感性症にかかっている場合の確認も迅速

デメリット

  • いろんな病気をもらってしまう可能性がある

耳鼻科で診てもらうメリットとデメリット

メリット

  • 中耳炎になっていないか診てもらえる
  • 鼻の吸引をしてもらえるので、診てもらったあとは鼻水がすっきり
  • 耳掃除も一緒にしてもらえる

デメリット

  • 聴診がないので肺や気管支の病気が分かりにくい

うちの場合

風邪の引きはじめや終わりかけは、鼻水と咳だけが長く続くことが多いです。そういう時には、耳鼻咽喉科に連れて行きます。子供はうまく鼻がかめないので、風邪から中耳炎を発症することも多いです。中耳炎は耳鼻咽喉科で診てもらう方が早く気付くことができます。

急に熱が上がったりした時には小児科へ連れて行きます。

風邪の引きはじめにまずは耳鼻咽喉科に連れて行って、熱が上がったらまた小児科に連れて行くということも多いです。
だいたいは耳鼻咽喉科でもらった薬で治ることがほとんどです。

病気をもらうかなと思うと熱がない時にはなるべく小児科に連れて行きたくないので、まずは耳鼻咽喉科に行きます。鼻水と咳だけの時には、心なしか耳鼻咽喉科の薬の方がよく効く気がします。

感染症の検査は小児科

年末に高熱が続いた上の子。

最初は咳だったので耳鼻咽喉科に連れて行ったのですが、翌日には熱が出ました。

小児科に連れて行くとインフルエンザからアデノウィルスなどいろんな検査をしてもらえました。また肺の音も気になるということで、レントゲンも撮ってもらいました。

そのときは軽い気管支炎を起こしていました。気管支炎もひどくなると入院が必要になるので、気をつけないといけない病気です。子供は自分で症状がうまく伝えられないので、親が注意しないといけません。

アデノウィルスにかかったりすると、悪化して他の病気を発症することもあります。高熱が続くようなら、やはり小児科か総合病院に連れて行くことをおススメします。

耳掃除

耳鼻科は耳掃除をしてもらえるというのも大きなメリットですよね。

耳掃除のためだけにわざわざ耳鼻科に行くことは少ないですが、耳掃除をしてもらうとゴソッとびっくりするぐらい大きな耳垢が出てくることがあります。

4歳の上の子はようやく耳かきで大人しく耳かきをさせてくれるようになりましたが、1歳の下の子はまだまだ動きまわるので綿棒以外は無理です。

初めて風邪で耳鼻咽喉科に連れて行き耳掃除をしてもらってびっくりして、先生に『家でのやり方が良くなかったんでしょうか?』と聞いてみました。

先生曰く、『子供の耳かきは子供が動き回る間は家ですると鼓膜を傷つけてしまうことがあるので、定期的に病院に来てもらう方がいいです。』とのことでした。

まとめ

どちらに連れて行くというのが正解ということはないです。風邪の症状ならどちらの病院でも診てもらえますし、メリットデメリットを考えたうえでどちらに連れて行くかはその時のママの判断かなと思います。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする