iwakiガラス製タッパー、作り置きで料理の時短

夕ご飯づくりをちょっとでも簡単にするために、作り置きをしています。

今までは頂き物のホーローの丸型タッパーを使っていました。丸型だと冷蔵庫に入れた時にすっきりせず、かさばります。ホーロー製はレンジに入れることが出来ず、食器にうつしてからレンジであたためていました。

もっとすっきり収まって、直接レンジであたためれるものが欲しい!と思って、新しいタッパーを探していました。

iwaki パック&レンジ システムセット

まず思いついたのはプラスチック製。一番、お手軽です。うちでも小さいプラスチック製のタッパーはいくつか使っていますが、色や匂いうつりが気になります。それに、油っぽい物を入れるとベタベタになって、なかなか落ちません。

購入したのはiwaki パック&レンジ システムセット です。こちらはガラス製のタッパーです。

前から気になっていてAmazonの欲しいものリストに入れていました。それがタイムセールで安くなっている!迷わずポチっと注文してしまいました。

iwaki5_20160412_135005

こんな可愛い箱に入って届きました。

iwaki4_20160412_135005

出してみると思っていたよりコンパクトでした。

iwaki2_20160412_135004

500mlのペットボトルを隣に置いてみると、ペットボトルより背が低いです。

iwaki1_20160412_135004

見た目はコンパクトですが、200ml×4個、500ml×2個、1.2L×1個と容量はバッチリです。

oki3_20160424_135624

小さいのは4つあるので、サラダなどを作っておいてそのまま食卓に出すといいかも。主人は帰りが遅いので、毎回ラップを使っていましたが、これならラップを使う回数が減りそうです。今回はポテトサラダを作って、蓋をとってそのまま食卓に出しました。

500mlは茹でたブロッコリーや塩もみしたきゅうりに使っています。すぐに使える緑の野菜が冷蔵庫にあると、便利です。きゅうりを3本塩もみして、ポテトサラダに少し使って、残りは明日、酢の物にする予定です。

oki2_20160424_135624

1.2Lは多く作った煮物の保存に使っています。そのままレンジで温めることが出来るので、食卓にそのまま出せます。洗い物が減りました。

ガラス製タッパーの特徴

ガラス製だと色、匂いうつりが気になりません。熱湯消毒可能なので、ベタベタする油汚れもすっきり落とせます。

iwakiのガラス製タッパーはふたもレンジ可能なので、ふたをしたままレンジで温めることが出来ます。そのまま食卓に出しても、可愛い容器です。

かさばらない

食材を入れて冷蔵庫に入れる時には、蓋をして重ねることが出来ます。前に使っていたホーロータッパーは高さがあったので、重ねることが出来ず上に微妙な隙間ができていました。

四角なのですっきりと収まります。冷蔵庫の中が綺麗になりました。

作り置き

収納しておくときは蓋と分けて、重ねておくことも出来ます。使用頻度が高くて、ほとんど収納はしていませんが。

iwaki3_20160412_135004

作り置き料理本

image

参考にしているのはこの2冊です。

オレンジページは値段が手頃だったので、初めて買った本です。

どちらの本も冷蔵と冷凍でどれだけ持つかが載っているので、参考になりました。

冷蔵や冷凍だと思っていた以上に保存出来るんだと気付きました。

まとめ

タッパーは同じ種類でまとめた方が、冷蔵庫が綺麗に片付きます。ガラス製タッパーのそのまま温めることが出来るというのは、洗い物も減って便利でした。最近、うちではこのタッパーばかり使っています。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする