【ひらがなの練習】年少ひらがなを覚えるのに効果があった物

なかなか『ひらがな』が覚えられなかった4歳の上の子。

やっとひらがなが読めるようになりました。
覚え始めるとどんどん出来ることが増えてきて、最近では名前は書けるようになってきました。

座って何かをするのが好きな1歳上の姪っ子はひらがなでも数字でも何もかもを覚えるのが早くて、焦っていました。

真似をして同じような教え方で教えようとしても、うちの子はとにかく座って何かをずっとするのが苦手なのでなかなか覚えられません。
すぐに飽きてしまいます。

ひらがなポスターを貼ったりいろいろやりましたが、効果なし。
その子にあった教え方をしてあげないと、なかなか覚えられないものですね。

逆にその子に合ったやり方だと、メキメキ覚えることが出来ました。

うちの子に効果があった物を紹介します。

基本がみんなに当てはまるとは限らない

まず初めに取り組んだのは、ひらがなポスターを部屋に貼ること『あいうえお』の本を買うことです。

基本から入りました(^-^;

姪っ子ちゃんはこれだけでひらがなに興味を持って、自分から本を持ってきて『これは何だっけ?』と親に聞いてひらがなを覚えようとしていました。
ひらがなポスターも自分から見ていることが多かったそうです。
読み聞かせをしても、話を聞くだけではなく、絵本を見てひらがなの部分は自分で覚えたものを見つけたりしていたそうです。

さっそく我が家でも実践!!

ですが、うちの息子はほとんど興味をしめしませんでした。
ポスターやあいうえおの本も見せたその日は興味をしめしましたが、しばらくするといつも遊んでいるブロックや戦隊ものに行ってしまって見向きもせず。
読み聞かせは興味を持って聞けるようになってきましたが、話は聞いていましたがひらがなにまで興味を持たず、絵を見ているだけでした。

今はまだひらがなに興味を示す時期じゃないのかなと思い、そのまましばらくひらがなのことは放置していました(・∀・;)

数ヶ月後、姪っ子ちゃんはすでにひらがなを書けるようになっていたのですΣ(・ω・ノ)ノ!w

1歳年上と言っても、4月生まれの息子とは半年違うだけです。
こりゃマズい!!と慌てて、またいろいろ取り組み始めました。

うちの子が興味を持ったひらがなグッズ

声で覚えるあいうえおの本

声で覚えるあいうえおのほん

赤ちゃん時期に息子がよく遊んでいた歌のなる絵本。
それのあいうえお版のような音の出る絵本を、本屋さんで見つけました。

音楽絵本でもよく遊んだし、これなら『あいうえお』にも興味を持つかも?と思って買ってみました。
そしたら、これが大正解◎

『お勉強しよっか?』と言って、息子にこれを見せたら自分から進んでやり始めました。

買って以来、ほぼ毎日、『お勉強する』と言ってやっています。

最初にひらがなを教えようとポスターなどで始めた時は時期が早かったのかと思いましたが、興味がある物ならあの時でもやっていたのかもと思います。

もう少しいろんな教え方を試してみれば良かったと反省しました。

中身はどんな感じ?

あいうえお本中身

上が冊子、下があいうえおのボタンになっています。
このボタンを押すと、『あ』『か』と声が鳴ります。

あいうえおボタン

右上にあるたんごというボタンを押すと、冊子の中に書かれている単語を押すように言われます。

あいうえお冊子

冊子の中身はこんな感じです。

息子は『ありを押してね。』と言われると、ありの絵の書いてあるページを探して、次はその横に書かれているひらがなと同じボタンを探して押しています。
ページを探して、ボタンを探さないといけないので、けっこう時間がかかってしまいます。
その間に『あー、残念。』と勝手に絵本に言われてしまうので、息子は『まだ探してるのに!!』と怒りながらも一生懸命、やっています。
その姿がまた可愛い( ´艸`)

Amazon

楽天市場

ずーっとこの絵本で1人で遊んでいます。
最初は私が横に座って教えながらやっていましたが、先にボタンを押されたり口を出されるのがイヤなようで『1人でやる』と言われてしまいました(;^_^A

息子は負けず嫌いな気がします・・・。
やる気があるのは嬉しいことですが☆

これが息子にはぴったりだったようで、これを買って数週間でひらがなが読めるようになりました。
興味を持てるやり方だと、どんどん覚えていきました。

ひらがなにも興味が沸いてきたようで、『せんせい』を持ってきて自分からひらがなを書く練習をはじめました。

Amazon

楽天市場

子供って興味があることなら、どんどん伸びていくんですね。
ひらがなに対して、まったくやる気がなかった息子が、数週間でこんなに出来るようになって驚きました。

ポピー

2ヶ月ほど前からはじめた月刊教材ポピー

幼児教材はポピーに決めました。
いろいろ無料お試しを頼んでみた幼児教材。 月刊教材ポピーに決めました。 ポピー 7月に申し込みをしました。 ...

月刊教材ポピーを始めた頃はまだひらがなが名前ぐらいしか読めませんでした。

月刊教材ポピーは1ヶ月で『あ行』だけと、ゆっくり時間をかけて覚えていくことが出来ます。

ポピー

ポピーも声の出る絵本と同じく、遊びの中にひらがなを取り入れながら覚えていけます。

ポピーかるた

毎号、最後のページに切り離す『かるた』が付いてきます。

最初の頃は『〇行』だけでやっても、探すのに時間がかかっていました。
今では何ヶ月分かをまとめてやっても、楽しそうにやっています。

うちは途中から始めたので、『さ行』からしかありません。
4月は入園でバタバタしていて始められませんでしたが、『あ行』から欲しかったな~と残念です。


DVD

アンパンマンやドラえもんなどの知育DVDです。

Amazon

楽天市場

DVDは買うと高いですが、アンパンマンなどはレンタルでも取り扱いがあります。
ひらがなDVDを見る時期は短いと思うので、うちはレンタルしました。

まとめ

息子は『覚える』という感じで取り組むより、遊びの中で自然と覚えていくのが向いていたようです。私は何かを教える時は横に居て、一緒に取り組みながら覚えていくものと思い込んでいたところがあって、息子の好きなやり方をなかなか見つけてあげれなかったと反省です。
これから数字やカタカナ、いろいろ教えていくことは盛りだくさんです。私が教えよう!と頑張って取り組みすぎず、息子が興味を持てるやり方を見つけるのが私の役目と思ってやっていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする