衣替えが良い機会、フクロウ買取サービス

フクロウ買取

断捨離したい熱が高まってきて、私の服を片付けています。

いつか着るだろう
子供ができたら自分の服はなかなか買えないから処分するのはもったいない

そう思って残し続けてきましたが、いつか着るかもは高い確率で着ない。

買うのは子供の服メインにはなりますが、自分の服もたまには買います。
そこまで我慢して子育てしてたんじゃ、身が持ちません(-“-;A

独身時代はセカンドストリートなどの買取店舗に持って行っていました。

ですが、今、1歳の子供を連れて、重い買取品を持ってまで売りに行く気にはなれません。

いろいろ調べてみたら、ファッションブランドでもネット買取してくれることを知り、さっそく申込しました。

フクロウのネット買取

フクウロウルウルというネット買取サービスに依頼しました。

1つでもよかったのですが、それぞれ買取の得意な分野が違います。

フクウロファッションブランドが得意。

ウルウルヴィトンなどのハイブランドから、ユニクロなどのファストファッションも買取してもらえます。

まずはフクウロの買取の流れをご紹介します。

買取キットを依頼

まずはネットで買取キットを申し込みます。

フクロウネット買取申し込み
出典:フクウロ

自分で段ボールを用意して送るのではなく、キット申し込みのみになっています。
段ボールは小・大の2サイズ、ファッションバックが選択できます。

任意で買取商品の内わけを書く欄がありますが、記入したもの以外に送っても、記入しなくてもいいそうです。

フクウロの買取対象ブランドを見ていると、私の持っている服の中で買取してもらえそうなファッションブランドが少なかったので、段ボールの小にしました。

持っている服はナチュラルビューティーベーシックやローリーズファーム、グローバルワークなどが多かったのですが、そのあたりは対象ではありませんでした。

買取キットが到着

依頼をした翌日には買取キットが到着しました。

ビニールでまかれた組み立てられていない段ボールが届きます。

まずは段ボールを組み立てて、さっそく用意していた服を入れていきます。

フクロウ買取中身

カバンやアクセサリーも対象ブランドの物なら、買い取ってもらえます。

買取キットに入っていた用紙に記入して一番上に入れます。

フクロウ買取用紙

あとは荷物の回収依頼をすれば、おしまいです。

家から一歩も出ずに、査定依頼できました。

返品可能

査定金額が合わない場合は、送料はフクロウ持ちで返品可能です。

一括見積になっている場合は、1品だけの返品は不可です。
すべて買取か返品のどちらかになります。

もし返品してもらいたい場合でも、料金がかからないので安心ですね。

フクロウ査定結果

発送した翌々日に査定結果のメールが届きました。

フクロウ査定結果

2点しか送らなかったので、100円でした。

送ったのはプロポーションドレッシングのパンツとOUTDOORのカバンです。購入したのが数年前の物で、けっこう使っていたものだったので、こんなものかなという感じです。

了承か返品かを記入して、このメールに返信します。

返送してもらっても使う可能性が低いので、そのまま買取してもらいました。
『了承』とメールに記入して、返信しました。

入金はいつ?

金曜に査定結果のメールが来て、その日のうちに返信しました。

翌日の土曜には入金メールがきて、週明けの月曜に入金確認が出来ました。
もし平日なら、もっと早く振込されていたと思います。

査定結果も早かったですし、入金も早く、安心して買取してもらえました。

使ってみた感想

買取依頼した商品が数年前に購入したもので、購入金額も高くない商品だったので、100円でした。

高めのファッションブランドを査定してもらうと、いい結果がでるのかもしれませんね。
私のようにロープライスなファッションブランドが多い人は、ウルウルの方が買取してもらえやすいのかもしれません。

どちらも系列の会社が運営しているネット買取サービスです。
対応も早く、家から一歩も出ることなく査定してもらえるのは、小さい子連れに嬉しいサービスでした。

まとめ

以前は高級ブランドしかネット買取してもらえませんでしたが、今はファッションブランドやファストファッション、本などもネット買取してもらえて便利になりましたね♪
オークションに出品したり、何店舗か買取査定に回ったりした方が、値段が高くなるのかもしれませんが、時は金なり。今は子育てに忙しくて、自分の時間もなかなかないのに、そんな時間ありませーん。ネットで簡単に買取してもらえて、よかったです(o^^o)

アパレルブランド高価買取 フクウロ

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする