子供の白目が腫れてぶよぶよ、アレルギー持ちの子供はなりやすいので気をつけて

病院

子供の白目が膜が張ったようになり、白目全体も赤く充血してしまいました。

慌てて病院へ。

アレルギー

診察室に入ると『アレルギーはありませんか?』と先生が。

私が見たところでは膜が張ったように見えていた白目。
実は腫れてぶよぶよになっていたそうです。

「結膜浮腫」といわれる症状で、アレルギー持ちの人がたまになる症状だそうです。

うちの子はスギ花粉の他にほこり・ダニアレルギーも持っているので、ばい菌が目に入り白目が腫れてしまったようです。

目薬なしで治る

病院に行った時にはかなり腫れていて白目がぶよぶよしていたのですが、診察のころにはすでに少し治まっていました。

先生が

目薬なしでも1日ほどすれば治ってきます。目薬であれてしまう子供もいるので、目薬はまだささない方がいいかもしれません。明日は病院がお休みなので、一応ステロイドなしの弱い目薬を渡しておきますが、今日の夜に腫れが引いていないようなら使ってください。腫れがましになっていたら、使わなくても治ります。ただ、今の状態で目をこすってしまうと悪化するので、目をこすらないように注意してあげてください。

病院から帰ってきてしばらくすると、だいぶ腫れが引いていました。

目薬を使わなくても、次の日には治っていました。

どのタイミングで受診?

慌てて病院へ連れて行きましたが、アレルギー持ちの子供はこれからもこういうことがあると思うとのことでした。

だいたいは自然と1日ほどで治るそうです。

『もしまたこういうことがあったら、どれぐらいで受診したらいいですか?』と今後のために聞いてみました。

『1日たっても腫れが引かない場合は受診』が目安だそうです。

アレルギーで結膜浮腫を起こしている場合はだいたい1日で腫れはひくので、長引くようであれば目をこすって悪化させてしまっていたり、目に傷が入ってしまっていることがあるそうです。

どう気を付ければいい?

だいたいの場合は目をこすって目の周りの雑菌が入ってしまっておこることが多いです。

ですが、うちの子のようにほこりアレルギーの場合、ほこりが目に入ってしまってなることもあったり、花粉アレルギーの子供の場合は、花粉が目に大量に入るとなる場合もあります。

花粉症の子供は外遊びに注意が必要です。

ですが、多少の花粉でこのような症状になることはなく、バシャと花粉をあびるとなります。そんなバシャーと花粉をあびるような状態、まずないですよね(^-^;

それほど気にしすぎることなく、目をこすらないようにだけ注意すればいいのかなと思います。

まとめ

今回は慌てて病院へ連れて行きましたが、これからは1日は様子見したいと思います。どんな症状にせよ初めてのことには焦りますが、今後の対応を聞いておけば安心です。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする