断乳太りダイエット、酵素ドリンク優光泉でプチ断食に挑戦

yuukousen002

半年前に断乳後、4kg太ってしまった私。

断乳太りが止まらない、ダイエットに挑戦!
去年の年末に下の子の断乳をしました。 卒乳を待つことも考えたのですが、2人とも夜によく起きる子だったので私の体力が持たず2人とも1...

ダイエットに挑戦しています。

下の子はまだ家で見ているのでジョギングなどのダイエットは無理です。子供を連れて散歩ぐらいならできますが、それではダイエットにはなりませんし。

食べることが好きなので、ストイックに〇〇だけダイエットとかは長続きしないと思います。美味しい物を食べるのが趣味みたいなものなのに(だから太った)、それを取ってしまったらイライラしそうです。子育て中で自分の思うように動けずストレス発散はそれぐらいなのに。

いろいろ調べて体に良さそうなダイエットを見つけました。酵素ダイエットです。

酵素ダイエットって?

酵素は体内でつくられるものです。
ですが、現代人の食生活の変化で酵素のもとになる酵母菌、ミネラル、ビタミンが不足し、体内が酵素不足になっています。

酵素の働き
  • 血管の毒素をなくし血液をサラサラに
  • 血液がサラサラになることで、体内の脂肪を排泄
  • 肝臓・腎臓の負担をなくす

酵素を摂取することで体内の代謝が良くなり、新陳代謝を促します。

酵素はどうやって摂取すればいいの?

酵素、ビタミン、ミネラルの豊富な野菜や海藻、発酵食品から摂取します。

1日に必要な酵素量はだいたい生野菜350gと言われています。
酵素は熱を加えるとこわれてしまうため、生で摂取することが望ましいです。

生野菜350gってかなりの量ですよ(汗)
なかなか普段の生活で摂取できる量ではありません。

酵素ドリンクだと手軽に酵素を摂取することができます。

優光泉を選んだ理由

酵素ドリンクはいろんなものがあります。
しっかり酵素が含まれているものもあれば、酵素エキスが配合されているだけのものもあります。また飲みやすいように糖分が多く含まれていたりするものもあります。

子供が産まれてから食の安全が今まで以上に気になるようになり、自分自身も安心な物しか口に入れたくありません。

優光泉完全無添加です。
保存料や安定剤、香料、着色料など何も使われていません。

yuukousen

原材料名には野菜の名前がいっぱいです。
ほとんどが九州産で国内産の野菜のみ使われています。

九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

優光泉はコップ1杯でバケツ1杯の野菜が摂れます。麦芽糖抽出で製造されているため、カロリーも低いです。

断食

断食という言葉を聞くと、『えっ!?』と身構えてしまいますが、プチ断食から3日間断食などいろんな断食が紹介されています。

danjiki

danjiki

3日断食は子育てしながらは厳しそうなので、プチ断食をすることにしました。
ダイエット目的の場合、夜ご飯を抜くプチ断食もおススメです。

朝食抜きダイエットでいいのでは?

ただ朝食を抜くだけでは空腹感があり、反動で昼食を食べすぎてしまう可能性大です。

1日の食事回数が減ると、体は脂肪をためておこうとし、エネルギー不足を補おうとします。

ごはんを抜くことで血液中の糖分が低下し、頭の働きがにぶくなります。
酵素ドリンクには糖分も含まれていますし、空腹感もあまり気になりません。

不味くない?

wp-1465015835008.jpeg

梅味とプレーン味のセットを購入しました。
まずは梅味を飲んでみました。

yuukousenset

お試しで炭酸水がセットになっていたので、まずはそれで割ってみました。
梅ジュースとまではいきませんが、ほんのりした甘みがあって飲みやすいです。

朝食を置き換えて、昼食までに3回飲みます。

次は牛乳で割ってみました。牛乳で割るととろみが出て、ドローっとした感じになりました。炭酸水もお腹もちがよかったですが、牛乳割りもお腹もちがよくおススメです。

3回目はお水で割ってみました。お水でもごくごくと飲めます。

1杯のコストが安い

1回の食事の置き換え量の60ccで使用した場合、約345円です。

他のダイエット商品だと1食あたり千円ほどするものもありますし、普通に朝ごはんを食べたとしても200円ほどはしますよね。その分を優光泉に置き換えたと思えば、それほど高くは感じません。

朝食置き換えだと、2本セットで3週間ほどは持ちますからね。

さらに定期購入にすると、初回限定で1,620円安くなり、桑の実タブレットも貰えます。

まとめ

なかなか痩せないのは代謝が悪くなっているからというのもあると思うので、酵素で代謝をよくし朝食置き換えのプチ断食を続けたいと思います(o^^o)



お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする