子供の便秘解消。我が家がいろいろ試したこと。

toilet
便秘で嘔吐したと書きましたが、上の男の子は便秘症で小さい頃、悩んでいました。母乳の間はよかったのですが、離乳食がすすむとひどい便秘になりました。

3日出ないのは当たり前で、浣腸だよりの日々。今ではすっかり便秘も解消して毎日、快便とまではいきませんが、遅くても2日でだいたい出るようになりました。

いろいろ試した方法をまとめました。

子供の便秘なぜ起こる?

離乳食がすすむとだんだんうんちが固くなります。子供の排便する力はまだ弱く、うんちが固すぎるとなかなか自分で排便することが出来ません。

筋力がついててくる頃になると、便秘が解消する子供が多いです。逆に年齢を重ねて筋力が落ちてくると、また便秘になってしまう人が多いですね。

赤ちゃんの筋力を鍛えるというのは難しいので、便秘を解消するためにはうんちを柔らかくするしかありません。

息子はあまり水分を摂らない子供で、離乳食を食べる量も少なく、カスになる物が少なかったので、どんどんうんちが固くなっていってしまいました。

乳幼児健診で保健師さんにいい案はないか聞いたり、赤ちゃん用品店やドラッグストアで開かれている栄養士相談に行ったりしました。

我が家が試した便秘解消法をまとめました。

乳製品・発酵食品を多くとる

便秘にいいと言われている乳酸菌を含む乳製品と、乳酸菌のエサになる発酵食品を一緒に摂ると便秘解消にいいです。

ヨーグルトや納豆などは離乳食の初期から食べることが出来、赤ちゃんでも取り入れやすい食材です。

牛乳が飲めるようになってからは、おやつの時に一緒に飲ませていました。

繊維の多い食べ物を食べる

ごぼうなどの繊維が多い食材を摂ります。

ごぼうは固く離乳食ではなかなか取り入れにくいですが、皮をむき柔らかくなるまで茹で、ブレンダーやミキサーでポタージュのようにすると子供でも食べやすくなります。

動物性食品

油分は便を柔らかくする効果があります。

バターは離乳食にとりいれやすいのでおススメです。野菜を水とバターで煮たり、牛乳とバター、小麦粉でホワイトソースにするといいです。

ホワイトソースは冷凍出来るので、製氷皿に入れて小分けにして冷凍しておくと他の食材と合わせやすいですよ。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸の働きを助けてくれます。赤ちゃんでも摂取できますが、市販のものは添加物が含まれているものもあるので購入する時は注意しましょう。

オリゴ糖はお粥やヨーグルトに混ぜて、そのまま食べさせるだけなので、手軽に取り入れることが出来ます。

>>100万個以上売れてるカイテキオリゴ

果物

果物は水分が多く、好きな赤ちゃんも多いので、離乳食にとりいれやすい食材です。

リンゴは整腸効果があり、便を固くしてしまうことがあります。風邪などで消化が落ちている時に食べたり、お腹を壊している時に向いていますが、息子のようにうんちが固くなる便秘になってしまっている場合には向きません。

柑橘類には便を柔らかくする効果があるので、息子のタイプにはこちらですね。逆に下痢をしてしまっている時は、柑橘類は控えましょう。

マメに水分補給

離乳食が進むと母乳やミルクを与える回数が減り、水分が不足してきます。

ごはんの時やおやつの時以外にも、マメに水分を摂ることを心がけましょう。

子供便秘

息子はそれまで白湯をあげていたのですが、飲みが悪かったので便秘になった頃から薄めたお茶に変えました。

やはり子供でも味のあるものが好きなようです(^-^;ジュースなどは糖分が含まれているので飲ませすぎはよくありませんが、便秘解消のためにたまに与えるぐらいなら問題ありません。

グリコの幼児飲料シリーズは6ヶ月から飲むことができ、子供が押してもビューと出てしまわないので、重宝しました。

糖分が気になる場合は、オレンジなどを絞って自家製ジュースを作るといいですよ(o^^o)

マッサージ

よく言われる『の』の字マッサージです。

お風呂に入ったときなどに、子供のお腹を『の』の字にグルグルとマッサージします。腸を動かせる感じで、少しだけ力を入れてするといいです。

服の上からでも出来るので、マメにしてあげてもいいと思います。

本当にこんなマッサージ効果があるの?と思っていたのですが、『の』の字マッサージの直後にうんちをしたことが何度かありました。

運動量をあげる

運動すると腸の働きがよくなります。

歩けるようになった子だと、お散歩やお外遊びが効果的です。

まだ歩けない子だと運動量をあげるというのは難しいですが、子供の足を持って軽く曲げたり伸ばしたりしてお尻のあたりを動かすといいですよ。

食べる量が増えると自然と解消

離乳食が終わり幼児食になった頃から、息子の食欲が徐々に増えてきました。

本当に男子か!?

と思うほど、肉系を食べなかったのですが、お肉もようやく食べるようになりました。野菜の好き嫌いも減ってきて、緑の野菜も食べるようになりました。

そうするとお腹にカスがいっぱいたまるようになってきたからか、まったく便秘にならなくなりました。

歩き始めたのが1歳半と遅かったので、幼児食になる頃にようやく運動量も増えてきたからかもしれません。

まとめ

これが効果バツグンだったというのは残念ながら、うちの子にはないのですが、これがダメだったらこれ、次はアレといろいろ試しながら、便秘解消していました。その時の子供の体調によって、効果があるときとない時があるのでいろんな解消法を探しておくといいと思います。
例えば、水分をいっぱい摂っているのに便秘になってしまった時はマッサージやオリゴ糖、水分が足りていないなと思う時には果物や牛乳などです。
下の娘は離乳食時期からよく食べていたからか、便秘知らずです。便秘は普段の生活の心がけで解消できると思うので、便秘が解消された今でも上にあげた食材はよく摂るように心がけています。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする